千羽鶴の製作

May 1, 2012 § 2 Comments

[For English translation of this post, click HERE]

愛里の姉の里穂です。

彼女のプロジェクト 石巻の為に千羽鶴を:津波を乗り越えて を一緒に手伝っています。

このプロジェクトの支援金が73人のサポーターのお陰で$2,831に達成しました!

支援してくれた方々、そしてこのプロジェクトの存在を広めるのを手伝ってくれたみなさんに感謝します。

私は現在日本に住んでいるので、妹が実際に鶴を作っているところをまだ見た事がありませんでした。

先日、千羽鶴に使う紙と鶴を作るのに立ち会ったので、みなさんにもどのように作られるかお見せします!

ステップ1:紙の下準備

紙を作る場所はアリゾナ州立大学の芸術学部の研究室です。

まず始めに青酸カリウムとクエン酸第二鉄アンモニウムという薬品を混ぜ合わせます。

「青酸カリウム」と聞いて、思わず妹に「危なくないの?」と聞いたところ、「気をつけてね」という返事しか返ってきませんでした。

なんとなくジェームズボンドの映画にいるような気分で浮かれてしまった自分。

混ぜ合わせた薬品を3つのサイズに予め切っておいたトレーシングペーパー(透写紙)丁寧に塗っていきます。

このトレーシングペーパーも特別なものらしく、濡れても破れないものを探し出すのに苦労したらしいです。

「試行錯誤の連続だったよ」、と妹は言っていました。

薬品を塗り終えたら、紙をこの引き出しみたいなところに並べて乾かします。(この引き出しの名前は忘れちゃいました。)

重ならないように丁寧に並べて、約10分ほど待ちます。

ステップ2:羽模様

紙が乾くのを待っている間に羽模様を「プリント」する準備にかかります。

フォトフレームのようなものを取り出して、額の中に羽を並べていきます。

羽の上に薬品でコーティングされた紙を並べます。

紙の色はこの時点ではまだ黄色ですが、ご心配なく。

羽と紙をフレームしたものがこれ。

一つのフレームに紙のサイズによって4枚から25枚程入ります。

フレームは結構重くて、自分は一度に二つしか運べませんでした。

でも愛里は何度もやっているらしく四つ一度に持ち上げてました。さすが。

ステップ3:日光露出

ここからがすごいところ!

フレームを外に持ち出し、太陽の光に当たるように並べます。

太陽の光が紙の黄色い色を青に変えるらしいです。

日光に当ててから数分後。紙の色がすでに変わってるのが伺えます。アリゾナの熱い太陽はこれにもってこいですね。

10分後。もう少しで完了。

紙の緑っぽいトーンが消えたらオッケーだそうです。

仕上がった時の青のトーンはこのプロセスでどれくらい日光を浴びたかによって変わるみたいです。

30分後、完了!

羽が重なっていたところは黄色いままなのが見えますか?

この部分は太陽の光に当たっていなかったので紙の色が変わっていないんです。

ステップ4:洗浄、そしてまた薬品

まず紙に着いている薬品をきれいな水で洗い流します。

これで紙の黄色い色が落ちます。

何度も水を変えながら、紙から黄色い色がなくなるまで洗います。

そしてもう一つのトレーに過酸化水素を入れます。

これで紙を酸化させて、綺麗な紺色にします。

羽模様がくっきりと浮き上がってきました!

そしてもう一度洗浄。

紙が破れないように丁寧に、薬品をちゃんと洗い落とします。

ステップ5:乾燥

紙を一枚ずつ厚紙に貼り付けます。

重要なのが紙がちゃんと濡れていて、シワにならないように貼り付けること。

ここで適当にやってしまうと、乾かしたときに紙がくしゃくしゃになってしまいます。

そして上からもう一枚厚紙を重ねて、ヒートプレスにはさみます。

ヒートプレスはホットサンドメーカーみたいな感じで、結構熱くなります。(最高175℃)

濡れた紙を入れるとジューッと音が鳴って、湯気が出てきます。

10分後にヒートプレスから紙を取り出します。香ばしい匂いがちょっとしました。

紙が焦げないようにヒートプレスに入れる時間も重要です。

紙が出来上がりました!

紙を作っている作業を横で見ていて、思わず妹に「一枚だけ作って後はコピー機で刷ればいいんじゃない?」と言ってしまいました。

すると彼女はこの手間のかかるやり方には意味があると教えてくれました。

一枚一枚の紙を時間をかけて作るのは、紙と鶴に一つ一つ思いを込めているからだと言いました。

紙の青い色は石巻の海を表していて、3月11日に津波で命を失った方達への思いを込めています。

そしてこの青は石巻の空も表しています。みんなの願いや思いが鶴と一緒に空へ届くようにという意味です。

日本の古くからの言い伝えのように、愛里はこの鶴が石巻の復興と人々の回復の手助けになることを祈って作っているのです。

ステップ6:トリミング&鶴を折る

鶴を折り始める前に、紙を正方形に整えます。

薬品や熱で紙が縮んでしまうので、一番最後に調節します。

まず三角に折って、どこを切り落とさなければいけないか決めます。

そして余分な部分を切り落とします。

微調整はハサミで行います。

ここでやっと鶴を折り始めます。

どうやって愛里が折っているかはこのビデオで見れます:

愛里はもう何羽も折っているので1分50秒以下で折れるようになったそうです。

私は鶴を一羽折るのに3分以上もかかりました。もっと練習しなくちゃ

どうでしたか?

私自身、紙と鶴を作るのにこんなに時間がかかると思っていませんでした。

みなさんに送られる鶴たちの一羽一羽にいっぱい想いが込められています!

楽しみに待っていて下さい。

1000 Cranes: How they are made

May 1, 2012 § 4 Comments

[日本語訳はこちらです]

Hi, I am Airi’s sister Riho:)

I have been helping her out with her project 1000 Cranes for Ishinomaki: After the Tsunami.

I am proud to announce that Airi’s project has reached 73 backers with $2,831 funding!

Thank you to those who have contributed, and to those who helped me spread the word about this project!

I currently live in Japan, so I’d never seen my sister make the cranes with my eyes yet.

The other day, I had the chance to help her make the paper and cranes, so I decided to share with everyone the process of making 1000 cranes!

STEP1: Prepping the paper

This is the lab where she makes the paper.

First, she mixes two chemicals together: potassium ferricyanide and ferric ammonium citrate.

I have no idea what they are, but when I saw ‘cyanide’, I asked my sister if it was dangerous.

The only thing she told me was “be careful.” I felt like I was in a James Bond movie.

She coated the chemical mixture on to the tracing paper.

I guess this tracing paper is something special, too.

She said she looked all over for tracing paper that won’t rip when it gets wet.

“Lots of trial and error, my friend,” said Airi.

After she’s done coating them, she lets the paper dry in a drawer. (Sorry, I forgot what it was called.)

She neatly placed each piece of paper and we waited for about 10 minutes for them to dry.

STEP 2: Feathers

While we waited for the paper to dry, we prepared for the ‘printing’ process.

She took out what looked like a photo frame, and started laying out feathers inside the frame.

Over the feathers, she placed the paper covered in chemicals.

The paper looks light yellow right now, but do not worry, my friends.

Feathers and paper framed together.

One frame fits 4 to 25 pieces of paper, depending on the size.

They are pretty heavy. I could only carry two, but Airi’s learned to carry all four at the same time. Superwoman.

STEP 3: Sun Exposure

Now the magical part begins!

She took the frames outside so she could expose the paper to sunlight.

The sun changes the yellowish color to blue.

A few minutes after the sun exposure. Notice how the color has changed already! Arizona sun helps:)

10 minutes later. They are almost ready!

She knows when they are ready when the green tint goes away.

The darkness of the blue color depends on how much sun it was exposed to.

Done exposing after 30 minutes!

Notice where the feathers covered the paper is still yellow.

That’s because they weren’t exposed to light.

Now time to get wet and wild!

STEP 4: Washing and More Chemical

First she washes off the chemicals with clean water.

This will get the yellow out of the paper.

She washes them and changes the water over and over until the paper no longer has the yellow color.

Then in the other tray, she pours hydrogen peroxide to oxidize the paper.

This gives the paper that beautiful navy color.

Now you can really see the pretty feather prints!

Then more washing!

She washes them gently but surely, to make sure all the chemicals are washed off.

STEP 5: Drying

The hot and steamy step begins.

She places each piece of paper neatly on to a cardboard paper.

It’s important to make sure they are still moist and all nice and flat, because if you don’t then you will get a wrinkly paper.

Then she covers it with another cardboard paper and inserts it into a heat press.

Heat press is like a sandwich toaster. It gets pretty hot.

When she presses it down, you could hear it sizzle.

After 10 minutes, the paper is nice and crispy.

The time is important. You don’t want the paper to get burnt.

Done making the paper!

When I asked my sister why she couldn’t just make one paper and just photo copy the rest, she told me that she decided to make her this way for a reason.

She said she wanted to put in her time and effort in each piece of paper, because the paper and the crane represent one of her objectives of the project.

The color of the paper represents the ocean of Ishinomaki; She said that this is for the remembrance of what happened on March 11, 2011.

The blue color also represents the sky of Ishinomaki; She wants the prayers to sent to the sky with the help of the cranes.

Like in the Japanese ancient legend, she hopes that these cranes will help Ishinomaki and the people there recover from the traumatic disaster.

STEP 6: Trimming & Folding

Before we start folding, we have to make sure that the paper is a square.

The tracing paper shrinks from the chemicals and heat, so we have to make adjustments.

I fold it into a triangle to see where I need to trim.

Then I cut off the extra edges off.

Sometimes you have to use scissors to make little adjustments.

Then we start folding!

Here’s a video of how she folds them:

Airi has been doing this for a while, and she could fold one in less than a minute and 50 seconds! Impressive.

It took me close to three minutes to fold one crane. I need to practice more.

So there you go!

These are the steps of making her cranes.

Honestly, I didn’t know that it was such a time consuming process!

But now you know, that each cranes you receive will be full of thoughts and prayers:)

Hope everyone enjoyed this!

Where Am I?

You are currently viewing the archives for May, 2012 at Airi Katsuta.